整骨院自費導入アカデミー

こんな思いをするために柔道整復師になったんじゃない

医療人として柔道整復師として 治してあげたい

豊かな整骨院と貧乏整骨院の違い

あなたはどちらを選びますか 幸せで豊かな整骨院になる方法

ご注意

テクニックを教えることはありません

自費導入アカデミーのページを見ていただきありがとうございます。
私は中学生の頃、柔道をしていて怪我して接骨院の先生にお世話になってから、その先生に憧れ、「将来は接骨院の先生になる」と決心し、そしてその通りになりました。
しかし、高校を卒業し、一度は大学生になったものの、阪神大震災の影響で祖父母が亡くなり、大学を辞め専門学校への進学を早めることにしました。

憧れの業界、ワクワクしながら入ったその業界は、憧れとはほど遠いものでした。

「接骨院は年寄り相手の水商売みたいなもんや」、「調子を聞いたらあかん。良くなってないのがバレてしまう」、「数字を意識しろ。治してしまったら患者来なくなるやろ、アホ」、「技術勉強するヒマがあったら吉本新喜劇を見に行ってしゃべりの勉強しろ」
これらは、私が勤務した院で実際に私がその院の先輩に言われた言葉です。しかし流行っていました。多い時は1日200人以上の患者さんが受診されていましたが、そこは巻軸包帯や他の固定具材も置いていないような院でした。私は先輩の目を盗んで調子を聞き、治療の勉強会に参加し、常に先輩にバレないように患者さんの痛みに向き合ってきました。

しかし、いざ自分で保険を使って開業してみると・・・・・
おかげさまでたくさんの患者さんに来ていただけるようになりました。スタッフも増え、嫌でも数字を意識しなければならなくなります。保険でできる限界、スタッフと私自身の技術レベルの差などから、患者さんに対して常に本気で思う存分技術を提供することができないというジレンマに陥っていました。あなたのところの保険組合は厳しいから・・・・とか、スタッフと技術レベルを合わせないと、誰が触っても同じにならないから・・・と言った経営的理由で、私の本当の力を提供しないのは患者さんからしたらこちらの自分勝手な言い訳でしかありません。私は患者さんを騙してきたのと同じなんです。でも、ずっと「なんとかせなあかん」と思っていました。私自身も、私の院も、そして業界も。
私は、私自身と私の院はとても幸せな院にすることができました。
次はこのページをご覧のあなたとあなたの院、そしてあなたの院の患者さんが真に幸せになる番だと思いますし、幸せにしなければならないと思っております。

もうジレンマを抱え続けるのは辞めましょう。
もう自分にも、患者さんにも、どなたにも嘘をつくのは辞めましょう。
白黒はっきりした経営、そしてただ新しいものばかりを取り入れるだけでなく、古き良きものもしっかり身につけて、私と一緒に、次世代の接骨院・整骨院を創造するだけでなく、あなたの子、孫に、「僕(私)も接骨院・整骨院の先生になりたい」と言ってもらえる、継承していってもらえる院を創造していきましょう。

平成17年2月にごく普通の保険メインの「まつむら鍼灸整骨院」を開業。 開業時、広告宣伝を一切せずに、スタッフ1名受付1名で半年で1日来院数80名を記録。 しかしながら、患者さんを「診る」というよりも「回す」という状況に「果たして俺はこんな治療がしたかったのか」「俺は経営者である前に治療家ではないのか」という想いが強くなってくる。その想いを抑えきれず、平成24年1月に、いきなり完全自費の治療院に方向転換するも、患者さんは一切受診されず、閉院の危機に。 死に物狂いでマーケティング、経営の勉強をした結果、1回6500円の治療で、2回リピート率95%、5回リピート率80%以上のメソッドを編み出し、同年6月に月商200万円となる。 現在、治療家だからこそ悩む問題に対して、コンサルティングを通して、院のミッションだけでなく、治療家であるクライアント個人のミッションを見出だし、10年先を見据えた治療院経営を指導し、「経営」から「継営」へ、次世代型治療院ではなく、次世代に継承していけるような治療院作りを推進している。

【経歴】
報徳学園高等学校 卒業
大阪工業大学工学部土木工学科 中退
明治東洋医学院専門学校 第一鍼灸学科卒業
明治東洋医学院専門学校 第一柔整学科卒業

平成17年2月14日 まつむら鍼灸整骨院 開業

【国家資格】はり師免許・きゅう師免許・柔道整復師免許
【特技】柔道四段
【活動】平成18~23年 夙川学院中学校・高等学校柔道部 コーチ兼メディカルトレーナー

【戦績】
平成 7年 第36回全日本理工科学生柔道優勝大会(団体) 優勝
平成 8年 第37回全日本理工科学生柔道優勝大会(団体) 第3位
平成14年 第35回(社)全国柔道整復学校協会柔道大会(団体) 準優勝
平成18年 第3回日本マスターズ柔道大会(団体) 準優勝
平成19年 第4回日本マスターズ柔道大会(団体) 優勝
平成20年 第5回日本マスターズ柔道大会(団体) 優勝
平成21年 第6回日本マスターズ柔道大会(団体) 準優勝
平成21年 第35回(社)日本柔道整復師会近畿ブロック会柔道大会(個人) 第3位
平成24年 第38回(社)日本柔道整復師会近畿ブロック会柔道大会(個人) 準優勝
平成24年 第36回(社)日本柔道整復師会全国柔道大会 第5位
平成25年 第39回(社)日本柔道整復師会近畿ブロック会柔道大会(個人) 第3位

松村式自費導入メソッドのポイント

私自身、以前(保険を使っていた頃)からずっと違和感を感じ続けており、何のストレスもなく、ただ患者さんと向き合って治療し、患者さんのことだけを考えて、経済的に悩むことなく院を経営できないかと想っておりました。
そんな想いが強すぎて、見切り発車で自分の院を自費に移行して、待っていたのは失敗の連続。
保険を使うことのストレスは確かに消えましたが、今度は売上が上がらない、つまりお金に困るようになってしまいました。恥ずかしながら、院をたたむ寸前まで落ちました。
藁にもすがる想いでいろんな情報を調べ、すべてを真に受けてやってみたけれど、どれも上手くいかない。

こういった失敗の連続の中から何を学んだか?
なぜ失敗の連続から成功することができたのか?

アカデミーでは、私の苦い失敗経験とそこからの成功への道のりを基に、わざわざ失敗を経験することなく成功するための方法を学んでいただけます

  • ただ売上のためだけの治療を提供する
  • やりたくもないことをしなければならない
  • 自分が診るべき人でない人を我慢して診る・・・

いくら売上があったとしても、これでは幸せではありません。
アカデミーでは、あなたの今までの苦労、経験、知識、技術を思う存分発揮し、患者さんを120%Happyにすることで、先生自身と先生の院も120%Happyになっていただきます。そして、そのために必要なノウハウのすべてを知っていただきます

我々の業界では、「診断8割、治療2割」と言われております。
しかし、医者ではない我々は、CT、MRI、レントゲンは法律的に使うことはもちろんできませんし、超音波検査も全員が持っているわけではありません。また、社会的なニーズとして、肩こりや慢性腰痛など、いわゆる「病院的な検査では異常がない状態の身体の異常」を見つけていくということが必要になります。そのためには、視診、問診、触診、徒手検査、そして問診とは別に、患者さんの心と身体の両方と「対話」することがとても大切です
私が20年の臨床経験を経て、私の感性、20年という期間、その20年の間に経験した数、から裏付けされた、問診から治療、対話の流れを理論化、言語化しました。つまり、20年かけずとも成功するコツを身につけることができるのです。

このアカデミーは、ただ売上を上げるためだけの治療のテクニックや、経営方法などのHow toを学ぶところではありません。お金儲けのためだけのマニュアルではなく、本当の治療家=治療が好きな先生が患者さんのために思う存分治療をし、患者さんの不安を取り除き、安心を与えることで売上が上がる、という自然かつシンプルな仕組みをお伝えしていきます。ですので、本物の治療家でない先生がいくらそのとおり実行しても、患者さんも先生も幸せにはなれないメソッドでもあります。

治療が好きで、技術に対する向上心もあり、患者さんのために全力を尽くせる先生が、本当に困った人に手を差し伸べ『なんとかしてあげたい』という想いがそのまま経営につながる、そういうメソッドです。

整骨院自費導入アカデミー 入会申込はこちら

アカデミーの内容を一部紹介

アカデミーの内容を一部紹介

患者さんへの技術の提供は大前提として、さらに私が大切にしているのが「対話」。医療人として、必要な「患者さんの不安を取り除く」ことを目的とし、「対話型治療」をすすめています。
そしてこのアカデミーでは、患者さんを思う存分治療してあげたいという先生のために、問診から治療、次回予約までをテキスト化しました。これははっきり言って前代未聞。
治療の手技はもちろん、問診のコツ、検査時のコツ、次回予約までの必然的誘導方法など、他では絶対に知る事のできない内容を、言語化してしまいました。

このアカデミーに入会される先生には、保険治療から自費治療へ移行するだけでなく、医療に携わる人間=「医療人」としてどんどんマインドを高めていただきたいと考えています。
柔道整復師・医療人として、何をしたいのか、どうなりたいのかを明確化し、ミッションを見いだしていきます。
そのために必要な医療技術以外のスキル、自己プロデュース力などを身につけていくプログラムを組んでいます。

もちろん、ノウハウを口頭でお伝えするだけではありません。月に一度、会員の先生方と松村とでアカデミーセッションをおこないます。テキストや資料を読み解き、奥深くまで理解していただくための時間を過ごしていただきます。また、会員の先生たちとの交流によって刺激を与え合い新しい発見をすることで、思ってもみなかった進化があることでしょう。

先生自身と、先生の院の本当のミッションを見出だすことで、どんなことがあっても貫き通せるスタイルを確立し、そのスタイルに応じた治療メニューを一緒に創造していきます。 そうすることで、院の売上や何も知らない同業の先生の横やり等に振り回されることなく未来に通用する院を作り上げていくことができるのです。

矢根克浩氏による特別コンサルティング
  • 1975年生まれ
  • 歯科医療施設のデザイン会社、プランニングボックス代表
  • 非営利型一般社団法人コ・メディカル育成支援協会理事長
  • 2014年、神田昌典氏主催実践会アカデミー
    日本初の事業創造コーチ認定
    フューチャーマッピングファシリテーター認定
    アクセラメンツ講座修了

18歳の時から歯科業界に携わり、業界歴は20年を越える。団塊世代の歯科医院の歴史を知る、業界でも数少ない存在。また累計1000人以上の歯科医院の内装や改装・新築相談を受ける著作掲載メディア、
「デンタルフロンティア」
「患者さんが癒される歯科医院設計・建築」
「月刊 デンタルダイヤモンド」
には2009年に1年間連載。
2010年 別冊デンタルダイヤモンド「改装がもたらす経営攻略の秘訣」出版
現在、全国の工務店に歯科医院プランニングを教える「デンタルプランナーマスター講座」主催
その幅広い見識と実績から「手がけた歯科医院は必ず流行る」と言われる。

これから自費導入を目指す先生に、これ以上ない強力なスペシャルコーチ。
すでに歯科医師たちに自費移行の成功を経験させた矢根克浩氏に特別講師となっていただきました。
歯科医師のかかえる保険依存の悩みを解決に導いたその手腕を、
整骨院自費導入アカデミーでも学ぶ事ができます。
矢根克浩氏の「ライブコンサルティング」を整骨院業界でうけることができるのは、
整骨院自費導入アカデミーだけです。

整骨院自費導入アカデミー 入会申込はこちら

整骨院自費導入アカデミー受講者の声

香川県高松市 国分寺整骨院

田口誠二先生

香川県高松市で「国分寺整骨院」を開業している田口誠二と申します。
開業当初、自費に移行する前は毎日ある程度の数の保険の患者さんが1日中来院される健康保険中心の整骨院でした。
しかし保険を扱っているうちにレセプトの返戻があったり、部位に関係なく期間も回数も考えずにマッサージ代わりに通ってくる患者さんの対応に困るようになりました。
また、本当に体の痛みで困って来院された患者さんが見違えるように良くなっていく様子を見て、軽傷の患者さんと同じ施術料であることにも疑問や違和感を感じていたのも事実です。

そんな時にこのアカデミーのホームページにたどり着きとても興味を持ちました。
「外傷以外は自費で」この言葉がすごく響いたものの、最初考えたことはホームページに書かれている通り「この先生やからできるんやろうな…」でした。「患者さんに感謝され、自費売上が上がる幸せで豊かな整骨院」こんなことが本当に実現できるのだろうかと・・・。
でもどうしても一度お話しを聞きたくなり、香川から兵庫の西宮までは少し距離はあったのですが体験セッションへの申し込みとなったのでした。

まず体験セッションでは実際のアカデミーで行っていることをそのまま体験させていただきました。
それから自分の院に持ち帰り教えていただいた通り実践すると、体験セッション前は自費売り上げの割合が多くて10%程度であったのが、体験セッションを受けた翌月に28%、さらにその翌月は43%となりました。
正式に入会をお願いしてからは自費の割合が加速し、健康保険治療の売り上げに対する割合は数十パーセントあったものが5%以下に、今現在H27.10月現在レセプト枚数は9枚となりました。
そしてアカデミー入会の2ヶ月後には完全予約制の整骨院として生まれ変わり今に至ります。

月に一回のグループセッションでは会員の先生方が集まり、マーケティングや問診などいろいろなテーマで勉強するのですが、今まで勉強したことのない非常に濃い内容で香川からでも参加する価値があるものだと感じています。特にアカデミー会員限定のクローズドセミナーについては、普通では出会えないような講師の方に教えていただくことができるため本当に入会して良かったと思っています。
現在の健康保険制度に疑問を持ち悩まれている先生は、松村先生のもと同じ考えで集まった会員の先生方と一緒に自費導入、自費移行を目指しましょう!

入会のハードルは、低くはありません。
入会金30万円(税別)。入会審査もあります。

なぜそこまでするのか?
残念ながら我々柔整師業界には、良い先生だけじゃなく、
ちょっと社会的にいかがなものかという、
かなり低いレベル(人間的に)も存在するのが現状です。
このアカデミーは、正直、そのような先生にはまったく意味のない内容。
また、この入会金はいわば「決意」の金額なのです。

しかし、その後は月10,000円(税別)
先生が患者さんを幸せにし、ご自身にも豊かな整骨院を築いていただくことが目的ですので、
レセコンの月々リース代より安くしました。

整骨院自費導入アカデミー入会詳細

月会費 入会資格 入会審査

整骨院自費導入アカデミー 入会申込はこちら

入会前のご注意

  • 当アカデミーは、治療が好きな先生が患者さんを幸せにし、豊かな整骨院となっていただくものです。そのためには、会員の先生同士の交流も含め、お互いに刺激し合い自己を高めていただきます。ですから「自分だけ良かったらいい」という先生はアカデミーに不向きですのでご遠慮ください。
  • 「お金を支払ったのだから、その分サービスを提供しろ」という古い時代の考えの先生は、正直私とは合わないと思います。自分の才能を周りに提供し、他の会員の先生方に刺激を与えるような先生たちと、お互いを刺激し合いながら楽しくやっていきたいと考えております。
  • アカデミーの健全性を保つためには、理的、道徳的に反する行為や礼節をかいた行動など一切許すことはできません。そこは、柔道整復師が医療人であるという観点から妥協は一切致しません。そのような行為が見られた場合、松村の一存でアカデミーを強制退会していただくこととなります。
    (※強制退会の場合、入会後3ヶ月以内であっても入会金の返金はいたしません。詳しくは会員規約をお読みください)

メンバー募集

  • 今まで、本格的にマーケティングなどの勉強をしたことがない先生
  • 夢を語ることができる先生
  • 地位や名誉、院の規模、年齢や性別、国籍などで分け隔てしない先生
  • 弱きものに手を差し伸べる優しさを持ち合わせている先生
  • 勉強熱心な先生
  • 今の接骨院・整骨院業界にジレンマを感じている先生
  • 接骨院・整骨院業界を、より良くしていきたいとお考えの先生

最後に告白します

やっぱり、経営者である以上はどんな業種であっても
利益をあげていくことを考えなければなりません。
でも、柔道整復師である以上、なんでもかんでも利益をあげればいいってもんじゃない。
医療人としてもモラルやマナーは守りたい。
しかしながら、今はマーケティングだけを学んで、大した技術も持たず、
骨折や脱臼どころか、捻挫でさえも診ることができないのにも関わらず、
「接骨院」「整骨院」という看板をあげ、利益をあげているところがたくさんあります。

私は、そういうところが許せないのです。

本当に柔道整復師としての矜持を持った先生に、しっかり稼いでいただき、
さらに新しいスタイルや事業などをして、豊かになっていただきたいのです。
そうすることが、そういう悪徳業者のような接骨院・整骨院を減らしていくことだと思うのです。
今、技術を持っている先生のお子さんほど、仕事を継がないという状態が増えております。
今現在だけでなく、今後、柔道整復師という存在を正しく残していくためには、
「悪貨は良貨を駆逐する」という状態ではいけないのです。
「儲かるから」という理由だけで柔道整復師という職業を選択されてもいけないのです。

正しいことをしたいがゆえにジレンマに陥っている先生こそが、
新しい時代に生き残るべき、いや、生き残らなければならない先生なのです。


最後までお読みいただき、心より感謝いたします。
ぜひ、私と一緒に新しい時代を生き抜くための
柔道整復師になっていきましょう!

整骨院自費導入アカデミー 入会申込みフォーム

現在、会員募集はおこなっておりません。

▲PageTop